殿&麿我が道を行く

ペキニーズ!!殿爺さんと若僧麿のノホホ~ンな日々
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ もう秋かぁ~TOP未分類 ≫ もう秋かぁ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

もう秋かぁ~

ありゃ~サボリ過ぎておりました

皆様、お元気にしていらっしゃましたか

mixiの方では、ちょくちょくと出没していたのですが(携帯から)、PCの調子がイマイチで
放置しておりました。。。。

まずは、麿のご報告を致します。
8月17日にPをする際にクルクルと回るのですが、その時
左後脚をひねり即座に、病院へ連れて行きまして。結果前十字靱帯断裂と診断され
8月24日に掛り付けの先生、立ち合いで整形外科専門院にて手術をしました。
(先生同士の連携プレーのお陰です)

まだ、お散歩は出来ない状態ですが、歩けるまでに回復しております。

少し、前十字靱帯断裂の事を(記録として)
前十字靱帯は、膝関節の内部にあり、大腿骨(太股の骨)と脛骨(けいこつ=膝から下:すねの骨)をつないでいる靱帯です。前十字靱帯は、慢性的な靱帯の変性(加齢や関節炎などによる)や、外傷によって断裂します。
片側の前十字靱帯断裂を起こした犬の多くが、高い割合で1~2年以内に反対側の靱帯断裂も起こし、治療をしないでいると、2~3週間のうちに変性性の関節炎を引き起こすので、出来る限り早く手術を行います。
<症状> 
 急性の断裂では突然の跛行(はこう=びっこをひくこと)が見られます。
全く体重を負重出来ない場合と、部分的に負重出来る場合があり、痛みはないか、あっても軽度のことが多いで
す。しかし、2~3日で普通に歩けるようになるので、飼い主は治ったと勘違いすることがありますので注意し
てください。
慢性の断裂や部分断裂では、間欠的な跛行が見られ、長期間になると反対側に比べて筋肉が痩せて、
 足が細くなることがあります。

<治療>
①口内科的治療:膝関節への負担を減らすために、体重の減量と運動制限が必要です。
 抗炎症剤や鎮痛剤、軟骨保護剤は、滑膜炎や変形性関節症の治療に有効です。
②外科的治療:手術によって、断裂した靱帯を修復します。いくつかの手術方法がありますが、犬の大きさや肥満 の程度によって方法を変えたり、いくつかの方法を組み合わせたりして手術を行います。
どの方法で行った場合でも、術後2~3ヶ月は運動制限を行います。
<術後>  
 採用した術式を問わず、外科的治療を行った犬の予後は良好(85~90%)です。
 しかし、変形性関節症は採用した術式にかかわらず進行します。
<リハビリ>
 膝の関節においてこの靭帯は非常に大切な役目を持っています。かなりの負荷をもって機能している靭帯です。
 よって術後の管理が非常に重要です。人間で言うところの“リハビリ”です。
①術後約1ヶ月間は絶対安静を守りましょう。
・退院後の1週間は必ず、ケージやサークルの中での生活をさせましょう。
 柔らかいマットなどの上での生活を推奨します。
・退院後2週目に抜糸を行います。また、その際、足の具合を診察させて頂きます。
・特に、坂道、ジャンプなど激しい運度や早足や5分以上の運動は絶対に避けてください。ケージから出す時は必ず 綱を付けて運動を管理してください。その際もリードは短く持ち、ゆっくりしたスピードでの散歩を心がけて下さい。
・術後1ヶ月は、ケージやサークルの中での飼育を推奨します。
②術後2ヶ月目から。
 まだ坂道、ジャンプ、走るなど激しい運動は絶対にさせないで下さい。
 散歩の時間は足の調子を見ながら少し増やしても良いでしょう。約15分ほどを目安にしましょう。
 この時期も必ず綱を付けての運動量を管理してください。
 まだこの時期に腫れや痛みのあるときは、お薬を投与します。
③術後3ヶ月目から。
 少しずつ様子を見ながら散歩を増やしてもらって良いです。
④それ以後
 関節疾患へのサプリメントの継続的な投与をお勧めします。
 術後の管理において減量に勝るものはありません。必ず減量は行ってください。
 また、3ヶ月が過ぎてもこれから先、あまり激しい運動はさせないほうが良いでしょう。
 一度痛めた関節は必ず、再発や数年後の変形性関節症の発生率が高いものです。
 十分注意して生活させてあげてください。

o_00000578_L1_1267068184[1]

IMG_0720_convert_20121021214620.jpg

(術後3日目)

IMG_0760_convert_20121021214916.jpg

(術後8日目)


IMG_0764_convert_20121021220225.jpg

(術後20日目)


IMG_0740_convert_20121021220916.jpg

(おいらも心配したんだぜぇ~)


※麿の手術方法は、プレート装着ではなく骨に穴を開けワイヤーで人工靱帯と言う方法です。

年内一杯は、ゆっくりとリハビリ生活をして行きたいと思っています。

又、追々とアップして行きま~す。



 


 









スポンサーサイト
未分類 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。